FAVORIX GROUP ESTHETHIC&PRODUCTS

コラム コラム

太ももの外側(外もも)を細くしたい!! 太ももをスッキリさせて美脚を目指す!

太ももの外側の大きさ・太さで悩んでいる人へ

芸能人やモデルさんは置いておいて、一般人女性の感覚として、脚はとにかく細くしたいという思いがありますよね。

スラっとした美脚はパンツもスカートも合うのでファッションも楽しめますし。

何より、全身のスタイルもよく見えますよね。

でも、脚痩せ、めちゃくちゃ難しくないですか?

特に太ももの外側が太く、外側に張り出しているような形に困っている。
よくお聞きします。

今回はそんな太もものお悩みを抱えている人にピッタリの記事です。

「太ももをスッキリさせて」美脚、目指しましょう♪

太ももの外側が太く、張ってしまう原因や特徴とは?

太ももの外側だけ太かったり、外側に張っているのに悩んでいる人の特徴は主に下記の状態が多いのではないでしょうか?

・太ももだけが大きく外に張っている
・お尻が大きく垂れている
・内ももは特に締まっていない
・O脚気味

ここでお聞きします。

太ももの間違えたマッサージ、運動などしてませんか、あと食生活。

ただただ、ネットで調べてもそのまま、何も考えずに実行しても、何の意味もないです。

まずは、自分の太ももがどういう風な状態でなぜ、そうなったのかという特徴と原因をしっかり見極めるのが大事です。

では、なぜ太ももの外側が太くなってしまうのか?
原因を探ってみましょう。

単純に脂肪やセルライトが多い

太ももの外側大きい、張っているという人のほとんどはこれじゃないでしょうか。そう、脂肪があるということ。筋肉ではなく、脂肪。女性は下半身に脂肪がつきやすいと言われています。とくに、太ももは要注意。私は硬い大丈夫、筋肉です。という人もご注意を。それ、脂肪が硬くなっている可能性大です。普段、運動をしてない人は高い確率で、硬い脂肪ですね。

骨盤の歪み

太ももの外側が太い、張っている原因のひとつに、骨盤のゆがみがあげられます。骨盤の歪みの原因は出産後はもっちろん、歩き方、姿勢などにも左右されています。骨盤が歪んでいると、どうなるか。歪みによって太ももまわりの筋肉が本来とは違う形でついたり、本来あるべきところにつかなかったりします。さらに、いくら運動しても解消しないことがあるので気を付けておきたいポイントです。反対に骨盤を正しい位置にすることで、ゆがみの解消、太ももも細く、太ももの外側にも良い影響があります。結果、太ももだけでなく、お尻や足全体がキュっと引き締まるので、骨盤の歪み対策はいいことだらけですね。

食生活の乱れ

太ももの外側が太いと思う人は上記の単純に脂肪が多く、骨盤の歪みだけではないかもしれません。食生活を見直してみてください。揚げ物や脂が好き、塩分を好んで摂る、冷たい水が好きなど、食生活が乱れている可能性があります。野菜をいっぱい摂って、ゆっくり噛むという、基本を忘れずに。栄養素はバランスよく。

下半身が冷えている

普段、運動もせずに筋肉を使わないと血流が悪化して冷え性の症状が出ると言われています。体の中はどうなっているかというと、リンパの流れも同時に悪くなります。だから、体内に毒素や老廃物が溜まりやすくなります。冷え性はむくみなどの原因にもなり、結果、太ももの外側を太くするというわけなんです。女性は男性とは違い、筋肉量が少ないんです。だから、筋力トレーニングをしないと必然的に脂肪の量が増えてしまいます。

太ももを細くする7個の方法

1.とにかく毎日の食事を気を付ける

太もものサイズダウンに限らず、毎日の食事に気を付けるのは体脂肪率を下げるのに効果的です。とはいえ、炭水化物抜きダイエットをはじめ、○○抜きダイエットはやめた時にリバウンドの可能性も高くなると言われています。栄養素をバランスよく摂取するのはもちろん、食事中も大事なポイント。血糖値の急上昇を避けるため、糖質からではなく、野菜から食べるのを心がけましょう。

2.女性の敵、むくみを解消する

むくみには様々な原因があります。冷え、水分の摂り過ぎ、塩分の摂り過ぎ、そして全般的な食生活の乱れ等。むくみは直接、脂肪、セルライトの元になるのでこれらはしっかり気を付けましょう。

3.適度な運動で体脂肪を落とす

食生活がしっかりしていても、どうしても年齢を重ねるごとに代謝は落ちてきます。そうすると、適度な運動をしなければ、体脂肪は溜まりやすい体になってしまいます。コツは週に1回ガッツリ2.3時間やるよりも毎日10分ずつでもいいので少しずつ継続させるのが◎

4.冷え対策改善を怠らない

冷え性は女性の一番の敵と言っても過言ではないですよね。冷えの予防、対策はとにかく温めること。食べ物、飲み物はもちろん、服装など温めることを心がければ、冷え対策にバッチリです。選んで温かい物を選ぶのではなく、温かい物でないとちょっと、変かも。となるぐらい毎日の習慣にしたい大事なポイントのひとつ。

5.筋トレで筋肉量を増やす

女性はとにかくトレーニングで筋トレをしないと、筋肉がつきにくいと言われています。太ももを細くする上で、筋肉を鍛えて筋肉量を増加させるの正しいやり方のひとつ。女性に優しい筋トレ動画なども、ネットメディアにはさまざま無料で情報を得られますので、自宅などで、隙間時間などでもいいので意識してやるのが大切です。毎日の生活に余裕がある人や筋トレが苦ではない人にオススメの方法です。

6.毎日のストレッチを心がける

軽いストレッチは有酸素運動の効果もあり、太もものサイズダウンに効果的です。筋トレと同じように、毎日、数十分でもいいので、ゆっくり長く継続するのがオススメ。ストレッチで太りにくく、痩せやすい体質づくりをしましょう。

7.生活習慣全般(ライフスタイル)を見直す

とにかく、生活習慣が乱れている人は体のバランスがいいとは言えません。生活習慣の乱れで、冷え性、むくみ、不摂生、運動不足などが起き、結果、老廃物が様々なところに溜まり、もちろん、太ももにもガッツリ脂肪がついてしまいます。

当たり前で何を言ってるんだと言われそうですが、正しい生活習慣が美脚になるための第一歩、そして必須項目なんです。

最後に

今回紹介した、ノウハウいかがでしたでしょうか?

どれも基本で、解消法も簡単でしたよね。

最大の敵は「続けること」かもしれません。

ちなみに、
2019年のダイエットの目標覚えてますか?

覚えてない、、、、なんて人は、コツコツ力が足りないのかもしれません。

継続は、力なり。

そして、健康的で美しい女性はキレイです。

2020.02.29