FAVORIX GROUP ESTHETHIC&PRODUCTS

コラム コラム

ふくらはぎの外側って何で痩せないの!? これを知るだけでふくらはぎ痩せは完璧!

脚痩せ、美脚を目指す。

それは、女性にとって永遠のテーマ。

スラッとした太ももからふくらはぎのラインに、キュッと締まった足首。

でも、現実は太ももだけ太くて、ふくらはぎは普通。
その逆で太ももは普通だけど、なぜかふくらはぎだけ、ゴツイ。。。

特にふくらはぎを細くしたいんだけど、運動しすぎてアスリートみたいになったら嫌だし。

かといって、マッサージだと全然スリムにならない。。。

さらにさらにふくらはぎの外側ってなんであんあに「張ってる」の?

足痩せで一番大変部分かも。

なんて、お悩みの女性の方も多いと思います。

ふくらはぎ痩せって本当に難しいと思います。

毎日使う脚に関わってるからこそ。

そこで、今日は脚痩せでも特に難しいと言われている、ふくらはぎ痩せに注目してふくらはぎが太い原因を探りつつ、美脚を目指せる情報をお届けします!

ふくらはぎが太い原因とは?

脂肪

純に脂肪のつきすぎによるふくらはぎの肥大です。脂肪がつく原因は、ご存じの通り、運動不足、偏った食生活などが挙げられます。筋肉が全然ついてなくて、ぷよぷよで困っている人は筋トレを中心とした、トレーニングによって、解消するのが一番の近道ですね。

筋肉

筋肉のつきすぎで、ふくらはぎが太い。このパターンでお悩みの方も多いですよね。学生時代の筋トレでガッツリふくらはぎに筋肉がついてしまって、そのまま。など。あとは、普段の姿勢、歩き方なども関係していて、「姿勢が悪かったり変な歩き方」をしている人は要注意です。

むくみ

女性特有のお悩み、むくみもふくらはぎが太く見えてしまう原因のひとつです。

むくみの原因は様々ですが、まずは立ち仕事の人に多いと言えます。

そして、デスクワークの人にもよくみられるんです。

これはなぜか? 立ち仕事もデスクワークもずーっと同じ姿勢を続けることで、脚を巡る血液、リンパの流れが悪くなります。

その時に、細胞のすき間などに水分が停滞します。これが、むくみの簡単なメカニズムです。

また、 疲労が溜まったり、睡眠不足、そして生理不順、塩分過多、水分の摂りすぎこれらもむくみの原因、すなわち「ふくらはぎ」が大きく見えてしまいます。

もちろんむくみは、ふくらはぎだけではなく、顔、下半身全体などにも影響を及ぼしやすく、生活の乱れですぐ変化してしまいますのでむくみ解消は習慣にしたいところです。

反対にむくみを解消すると全ての部位のダイエットに作用すると思っておくのがいいと思います。

ふくらはぎの外側が張り出してしまうのはなぜか?

ふくらはぎが大きくなってしまう、太く見えてしまう原因は大きくわけて3つ、脂肪、筋肉、むくみでした。

けど

「ふくらはぎの外側だけ痩せないんだけど」

こんなお悩みありませんか?

そう。

外側だけバリっバリ、ガッチガチに張ってなぜか、ごつく見えてしまう。

ふくらはぎの外張り、本当にイヤですよね。

女性らしくないし。。。

もちろん、これにも原因がありました。

X脚

X脚の人はどうしても太ももよりも、ふくらはぎが外側に位置してるので「ふくらはぎが張り出している」見えてしまいます。

実際に筋肉や脂肪がガッツリついていなくてもX脚なだけで、ふくらはぎが外張りに見えてしまうって、すごいもったいないですよね。

そう。X脚の人は普通のふくらはぎなのに、その脚の歪みのせいでバランス悪く見られて可能性があるんです。

o脚

X脚とは反対にO脚の人も「ふくらはぎの外側が張って見えます」。そもそも、O脚の人は体重を脚の外側を中心として支えているのでどうしても外側が張りやすくなります。

だからO脚の人はふくらはぎもそうですが、太ももの外側も張ってしまうんです。

O脚の人、心当たりありませんか?

下半身全体の「外張りした筋肉」「ちょっとごつめになってる」など。

O脚で過ごしてきた筋肉はX脚とは違い、見た目の問題ではなく、実際に張っている状態の人が多いので厄介な存在と言えます。

こんな生活習慣の人はふくらはぎが太くなりがち

栄養バランスの摂れていない食生活を続けている

バカ食い、お酒をいっぱい飲む。たまにだったら、本当に問題ないと思います。
ですが、脂っこいもの、しょっぱいもの、炭水化物、甘いものなどワガママで栄養バランスの摂れていない食事をするともちろん、どうなるかわかりますよね。

脂肪はもちろん、筋肉量は落ち、代謝も悪くなり、どんどん痩せにくくなり、ふくらはぎもいつのまにか「大根みたいになってた」なんて、笑えませんよね。

ま、こういう食生活を送っている人はふくらはぎだけでなく、他の脂肪もガッツリついてきます。お腹を中心にドンドン・・・。

さらに、栄養バランスの摂れていない食事を続けることは太るだけでなく、肌にも影響を及ぼします。

そして、一番最悪なケースが病気にかかること。

食生活が原因の病気は男性のイメージがありますが、今は女性も多いので気を付けるべきポイントです。

とにかく不規則な生活

・毎日深まで起きていて、慢性寝不足夜
・ごはんを食べるのは寝る数十分前
・毎日の通勤で疲労困憊
・仕事、プライベートが充実していなくてストレスマックス

体と心をわざと疲れやすくさせる、疲弊させるような生活を送っている現代人。

みなさんは大丈夫ですか?

不規則な生活は上記で紹介した「食生活」も含まれていますが必ず、体に反動がきます。

大概の人は「太ってしまいます」。

脚が太くなったどうしよう、と言ってストレスで不規則な生活がさらに乱れる。

負のスパイラルに陥ったらなかなか抜け出すのは難しいと思います。

ダイエットする心構えのひとつとして、常に気を付けたいことです。

ここの改善なくして、スムーズなダイエットはできないと思って良いと思います。

また、肉体的なダメージはもちろん、精神的、心の病にも発展する恐れがありますので「人間的な生活」を目指しましょう。

運動不足

もう、ダイエットの記事を見ている人であれば何度も目にしてきたであろう、そしてダイエッターと切っても切れないのが「運動不足」。

全ての原因はコレ。

といっても、過言では無いほど運動不足は深刻な問題です。

特に、年齢を重ねるごとに「運動不足の代償」は顕著になります。

運動不足のせいで「ふくらはぎ」が太くなった。

という、ピンポイントの悩みはないでしょうが、

運動不足のせいで「ふくらはぎと他の部分」も太くなった

こっちの方がイヤですよね。

意識するだけで全然違います。

もちろん、無理に運動するのはやめましょう。

何の意味もありません。ただ、ケガをするだけです。

歩き方

ふくらはぎを細くする上で最も重要なポイントのひとつ

それは歩き方です。

毎日間違った歩き方をしていることで、どんどんふくらはぎのついて欲しくないところに筋肉がついたり。

結果、太めに見えたり。

歩き方、わかりますか?

合ってますか?

普段、毎日やるからこそ、ここはしっかり矯正しなきゃいけない部分です。

姿勢

歩き方と同じように、姿勢も毎日の積み重ねの結果、ふくらはぎが太く見えてしまう要素のひとつ。

悪い姿勢でいると本来つくべきところにつかなくていい筋肉がついてしまい、体のバランスを崩します。

反対に、姿勢さえ正せば良くなる可能性もあります。

普段から気をつけれるからこそ、サボらないでしっかり意識したいところです。

座り方

これは姿勢とほぼ一緒です。

座り方ってすごい大事です。

事務員のOLさんにとっては1日中ずーっと座りっぱなし、なんて人もいると思います。

座る時に脚を組む癖がある。

脚が歪む、ふくらはぎに余計な負担がかかる、結果ふくらはぎが太くなる。

こんな感じで。

座り方は姿勢とセットでいい習慣として正しいものを見つけるのがgoodです

太いふくらはぎを細くするためにできること

これまでなぜ、ふくらはぎが太くなるのかなどの原因パートでしたが、ここからは「実際にふくらはぎを細くするための具体的なこと」

ここを中心に紹介していきます。

生活習慣の改善

まずは規則正しい生活を目標にすること。

その中で、一日の睡眠を7時間、多すぎても少なすぎてもダメです。

そして、一番大事な食生活の改善。

高たんぱく低脂質を中心に、食べる順番は野菜から。

間食をするのであれば間食しても大丈夫なものを取る。

夜寝る前は食事をしない。

体を冷やす飲み物を飲まない、常温の水が◎。

などなど、

この他にも細かいことはたくさんありますが、生活習慣が乱れまくっている人はまずは基本から抑えて、徐々にレベルアップするのがいいと思います。

筋トレ

そもそも、ふくらはぎに筋肉がついてない、ぽよぽよぷにょぷにょの脂肪がついている人は筋トレをおすすめします。

ストレッチ

ストレッチをすることで凝り固まった筋肉もしっかり伸びるので、がちがちふくらはぎには最適です。

マッサージ

マッサージも筋トレ、ストレッチと同じく手軽に自分でできるので、ぜひ試してほしいひとつです。

スリミング効果はもちろん、リラックスもできるので自分でマッサージしてても、至福のひと時!

歩き方

歩き方は本当に普段の癖が出てしまいます。でも、その癖さえわかれば、歩き方を蛙だけで楽にふくらはぎがほっそりする場合もありますので注意すべきです。

姿勢

歩き方同様、姿勢も一緒に気をつければ全身のスタイルも良くなるし、一石二鳥!

キュッとしまったふくらはぎを「自宅で簡単に」目指させる方法

お待たせしました。

では、実際に引き締まったふくらはぎになるための方法と、自分で簡単にできるやり方を紹介します!

ストレッチ

ガチガチになった筋肉を柔らかくほぐし、伸ばし曲げることでより効果的な引き締めが期待でき、美容にも健康にも理想と言えます。

これをイメージして、ストレッチしていきましょう。

脚を前後ろで適度な間隔で開き、ふくらはぎの筋肉をゆっくり伸ばす。これを片方を30秒ずつぐらい。伸びたなと感じたら、終了。最初は軽くで◎

急に無理してやると筋肉を痛めることがありますので、気を付けてください。

また、上半身は姿勢を良くすることでさらなくストレッチ効果が見込めるはずです。

マッサージ

マッサージは入浴中、もしくは入浴後がオススメです。

やり方は簡単。クリームなどを手につけて、足首から膝の裏あたりまでの両手の親指に力をいれながら、ふくらはぎを中心にググーッと下から上にゆーっくりと流すイメージ。

気持ちのいいポイントを見つけてそこを中心にやってもOK。もちろん、強すぎはダメですよ。

適度な力をかけることでスッキリとした刺激、心地よさを感じるのが大切です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

ふくらはぎにアプローチをかけるということは、腕、尻、モモなどの部位にも効果が期待がモテそうですね。

また、工夫ひとつで全身のケアもできちゃいそうです。

ふくらはぎを痩せることで、他の脂肪も落とし、そして太りにくい体に変える。

そんな、いい循環ができたら最高です。

2020年は世界中のみんなにとって、大変な年になりました。

ですがそこを前向きに利用して、家にいながらでも適正な体重にしっかりを戻す、キープするのを目標にするのはどうでしょうか?

家でもなるべく座ってばかりではなく、少しは立つようにするなどの簡単でもいいので、今すぐできる何かを取り入れることで運動不足対策をして、改めて理想の体を目指しましょう!

2020.08.26